アンティークコイン


古い金貨も投資対象にすることが出来ます。多くの人たちは既にアンティークコイン投資も積極的に向きあっています。日本の人たちにとって投資としてはまだ馴染みが薄いものなのかもしれません。

リーマンショックがあり、アンティークコインの価値は下がるどころか上がり続けてていたのを日本人の投資家たちも注目しはじめたと言います。

アンティークコインとは、ズバリ古代ギリシャから近代に至るまでに発行された現行通貨を除くコインのことを言います。海外においてアンティークコインは、極々一般的な収集品として注目を集めています。

アンティークコインの投資のメリットは、絶対数が増えないまま、コレクターが増えるため価格が上がりやすい傾向が持続出来ることです。

アメリカは30万人ほどのアンティークコインに関心を持っている人たちがいますが、日本人の場合、現在まだ一万人程度なのです。 この差は今後、日本でももっとアンティークコインに関心を持つ人たちが増えるだろう、イコール価格が上がるだろうということが簡単に推測出来る数値です。

更にアンティークコインは、価格が世界的にほとんど同じであり、コレクターたちは統一価格を認識できるので判りやすくてとても安心です。 実物資産で、世界の通貨と交換でき、保管にコストがあまりかからないメリットがあります。

◇参考サイト◇ゴールドコイン:アンティークコイン通販


金貨投資のメリット


FXなどと金貨を比較した場合、投資にとって金貨の方が全然メリットが大きいことが判ります。不動産を持てば、維持費や税金は必ずかかるものですが、金貨は購入したら支払いはそれでおしまいです。

維持費がかからず、場所も取らない方法が金貨投資です。金貨投資は手元にモノを残すことが出来ます。購入した訳なので手放さない限りは永遠に自分の手元に残り続けます。

そして売ればそれをお金にすることが出来ます。不動産のように物件の状態などについて考える必要はなく、金貨の場合、購入をすればしばらく何もせず売る日が来るまでただひたすら待つのみです。

サラリーマンはご自身のお仕事も忙しいですし、金貨投資は一番時間を取られない方法として考えることが出来ます。10分もあれば金貨投資にしっかり向きあうことが出来てしまうのです。投資初心者という人たちにも一番おすすめ出来る投資の方法とはやっぱり金貨の投資のことではないでしょうか。

しかし中にはFXの投資や株の投資、不動産屋投資が向いているという人たちがいます。そのような人たちはもちろん金貨に見向きをせず、そのような投資に専念すればいいまでです。

まず、投資は自分に一番合っているものの選択が大事です。


ロマンある金貨


金貨には収集型金貨と地金型金貨の二種類が存在します。 金貨とは、金を素材にし作られた貨幣のことです。銀貨・銅貨とともに古くから世界各地で流通していた歴史があります。

日本においては、淳仁天皇の天平宝字4年(760年)には、開基勝宝(かいきしょうほう)という金銭が発行された経緯があります。 1枚で、銀銭10枚に相当した価値を持っていました。

江戸時代では小判や一分判など定位金貨の発行がありました。

1986年に日本において発行された「天皇陛下御在位60年記念」の10万円金貨は、久し振りに発行された金貨です。 更に1991年に発行された「天皇陛下御即位記念」10万円金貨や、1997年の「長野オリンピック記念」金貨などがあります。

今現在でも金貨が多くの人たちを魅了している原因はなんなのでしょうか。いまの時代、どこの国でも、金貨を通貨として発行することは少なくなりましたが、投資のために現在でも様々な国で金貨が発行されていたりします。

いま金貨は貨幣としての役割を離れてしまったとも言えるのかもしれません。投資のための金貨であり、コレクションのために現在金貨は存在しているとも言えます。金貨は、歴史資料としても価値のある、ロマンチックな存在なのです。


いろいろな投資・金貨やFX


投資に対して関心を持つのなら決して金貨だけでなくいろいろな方法を考えることが出来ます。FXとか株とか不動産とか、更に先物とかいろいろなものを現在見つめている人たちが多くいます。

もちろんどの分野でも成功している人たちは多くいます。セミナーもあちこちで結構頻繁に開催されており、そのようなものに積極的に参加して技を磨いている人たちもいらっしゃることでしょう。

しかし同時に頑張っていたとしも失敗した人も大勢います。株は最悪の場合0になる可能性を充分秘めているものですし、FXはレバレッジ次第で大変になることも充分考えることが出来ます。

FXの魅力はなんと言ってもわずかなお金でも高いレバレッジを使用して大きく運用出来ることです。国内FXではあまりにもリスクが大きいのでレバレッジに規制がかかるものの、海外FX口座ではそうではありません。海外FX口座ではわずかなお金でも1000倍ものレバレッジを使用出来てしまうのです。

まさにその世界はハイリスクハイリターンと言わざるを得ません。そもそもみなさんがしているすべてのものがリスクを持っているというのは事実です。 不動産は入居者0でも維持費や税金は必ずかかるものです。

そして株やFXをした場合には、購入したらずっとその動きを見続けている必要があり、日々一喜一憂しながら大変ストレスをためてしまうことになるものかもしれません。

FXで絶対に勝ちたいと思うから利益にばかり目がくらんでしまうことになります。